INTERVIEW

モデル・タレント/プラチナム所属

秋山 未有

「グランプリを取るために努力したこと」

スタースカウト総選挙のオーディションを受けるまで、あまりウォーキングレッスンやランウェイを歩いた経験がなく、大会までの数回あるレッスンを受け、それ以外は自宅マンション共用スペースで全身鏡をみて一人練習しました。

本番では1人数秒のアピールしか出来ませんでしたが、本番で評価された最高の笑顔を出せた理由は、左右正面どこをみても全力で応援してくれる友達・共に挑んできた仲間がいたから。

『グランプリを狙って行かなきゃ、準グランプリにも他の賞もスカウトも取れない』

という意気込みはグランプリをとるという気持ちが誰よりも大きかったと思います。